催し協力

 地域や企業、団体の親睦を深める交流の場として盆踊りは大変有効です。ONDO!!では、盆踊りの企画段階から選曲、踊りの講習まで、全面的に協力いたします!(諸外国語にも対応可能です)

お気軽にお問い合わせください。

【ご報告】

2014年10月 東京大学インターナショナルガーデンパーティ盆踊り企画に協力しました。

2015年7月 「社会教育会館だより(夏号)」サークル紹介にONDO!!が掲載されました。

2015年7月 キッズファミリー誌『ぐぅちょきぱぁ』(夏祭り応援号)にONDO!!が掲載されました。

2015年8月 豊海小学校のプレディ(放課後教室)文化のリレー事業に協力いたしました。

2016年4月 月島社会教育会館サークルPRウィークに参加いたしました。

2016年7月 中央FMに出演いたしました。

2016年7月 佃島小学校のプレディ(放課後教室)文化のリレー事業に協力いたしました。

2017年3月 月島社会教育会館サークルPRウィークに参加いたしました。

2017年7月 大手企業様懇親会の企画に協力いたしました(東京ベイ舞浜ホテルクラブリゾートにて)。

2017年7月 大手企業様懇親会の企画に協力いたしました(丸ビルホールにて)。

2017年8月 都内の大型盆踊りイベントの企画に協力いたしました。

2017年8月 大手企業様懇親会の企画に協力いたしました(企業様自社ビル社員食堂にて)。

イベント行事には「盆踊り」が最適
イベント行事には「盆踊り」が最適

各種イベントで盆踊り!!

 今、音楽メディアの変化に伴い、新しいスタイルのLIVE・イベントが模索されています。

 そこでっ!!

 お客様と一体となってみんなで楽しめる「盆踊り」を取り入れてみてはいかがでしょうか。ステージを中央に設置して頂き、それを囲むように全員で踊ります。

 参加型のLIVE・イベントの新しい形を是非取り入れてみてください。

※ ご希望の曲に合わせた盆踊り振付制作も承ります。

イベントで盆踊り!!
イベントで盆踊り!!

曲目

定番曲やメジャー曲、最新曲など幅広く構成いたします(60~120分)。

講習

事前もしくは当日開始前に振付講習会を実施

企画担当者の方へ

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ☆

 

社内懇親会で盆踊り!!

 今盆踊りがブームを迎えようとしています。新しい時代の先駆けとなるために「盆踊り」の企画を出してみてはいかがでしょうか。また、社内コミュニケーション強化としても社内懇親会などで盆踊りの企画運営は大変効果的であり、大手有名企業が次々と取り入れ始めています。スタッフ同士のチームワークを固め協力しながら、地域の注目を惹き付け、魅力的な盆踊りを作る、これ程有効なコミュニケーションは他にありません。

※ ご希望の曲に合わせた盆踊り振付制作も承ります。

社内懇親会で盆踊り!!
社内懇親会で盆踊り!!

曲目

貴社の社風に合った盛り上がる曲目をご提案し構成いたします(40~90分)。

講習

事前講習1~2回実施

※ 10~20人程度のスタッフ(実行委員)が必要です。

企画担当者の方へ

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ☆

 

みんなで踊るシェアド婚!!

 新郎新婦の思い出の曲を来席者全員で踊り、会場が一体となって新郎新婦の門出を祝います。曲は賑やかなお祭り系から心に響くバラードまでどのような曲にも対応いたします。お二人の最高の瞬間を皆でお祝いし、一生の記念を共有しましょう!

みんなで踊るシェアド婚!!
みんなで踊るシェアド婚!!

曲目

新郎新婦の思い出の曲を中心に構成いたします。

講習

事前講習1~2回実施

10~20人程度の中心メンバーが必要です。

 

 振付や段取りのみをご提案するプランから全面運営を請け負うプランまで各種ご相談に応じます(ご希望の方にはウェディングプランナーを紹介いたします)。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ☆

 

学校盆踊りプロジェクト!!

 大学や高校、小中学校の学祭・体育祭などの催しなど盆踊りをやってみませんか?

 今、日本の文化として盆踊りが注目を浴び、最新ヒットソングなどで踊る「新しい盆踊り」が普及しています。大学生や高校生が中心となり、既存の枠組みに囚われない、新しい日本のカルチャーを作り上げませんか?

 そして、みんなで輪になってたのしく踊れば、盛り上がること間違いなし! 一生の想い出作りに、当会が協力いたします! 

※ ご希望の曲に合わせた盆踊り振付制作も承ります。

学祭プロジェクト!!
学祭プロジェクト!!

対象

首都圏の大学・高校・小中学校

曲目

アップテンポの曲を中心に構成いたします(60~90分)。

講習

事前講習1~2回実施

当会とは別に10~20人程度の有志(実行委員)が必要です。

担当者・担当教員の方へ

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ☆

 

盆踊り大会運営の三ヶ条

 会場がしらける、雰囲気がグダグダ、人が集まらない、、、、盆踊り大会の運営は大変です。「もう少し盛り上がるようにしたいんだけど、どこを改善すれば良いのか」と、頭を悩ましている方々も多いと思います。

 盆踊りは運営の仕方で雲泥の差が生まれます。様々な会場の主催者に話をお聞きし、千客万来リピーター続出の盆踊り大会を催す三ヶ条をまとめてみました。

一、お手本となる団体

〈ここを見直そう!〉

  • 揃い浴衣の団体が踊りを知らない
  • 櫓の上の交代に時間がかかる

 一般の方々のためのお手本として、揃い浴衣の団体が踊りを知らなければ、誰も踊ることができません。

 また、曲の間の櫓の交代にもたついていると、全体の雰囲気がダレてしまいますね

 

〈改善点〉

 盆踊りリーダーとしての責任を持ち、本番では全ての曲において少しのミスも許されないと思って日々のお稽古に励んでください。

 櫓の交代に関しては、進行係と打合せ、どのタイミングで誰が櫓に上がるのかを事前に決めておきましょう。

二、進行

〈ここを見直そう!〉

  • 曲と曲の間の時間が長く、間延びしてしまう
  • 休憩時間が長い

 曲と曲の間の時間が長いと雰囲気がダレてしまいます。

 休憩時間は、浴衣で立ちっぱなしで長時間待たされると逆に疲れてしまいますね。

 

〈改善点〉

 次から次にテンポ良く曲を流し続けましょう。櫓の上の交代は事前に団体と打合せ、半分づつ曲中に交代してもらうようにすると良いですね。

 休憩時間は特別に取る必要はありません曲のバリエーションを豊富にして、「踊りたくない曲」の時に適宜各自の判断で休憩を取ってもらうようにすれば良いでしょう。

三、太鼓

〈ここを見直そう!〉

  • 踊りのリズムに合っていない

 曲のリズムと狂っていると、太鼓の音を無視して踊ることになり、本末転倒となってしまいます。

 

〈改善点〉

 盆踊りはあくまでも踊りがメインなので、太鼓の技術よりもリズムを優先させてください。

 また、曲を一度も聴いたことがなければ、リズムもわからないので、事前にきちんと曲を聴いて練習をし、できれば振付も把握していると、踊りと上手く合うと思います。

 太鼓の技術を披露したい場合は、盆踊り中ではなく、盆踊り開始時間の前に太鼓披露の時間を設けてもらうと良いですね。